i

ンマリノ共和国の歴史    

ビデオテープ『NEMINI TENERI』から抽出

© Copyright by V.E. Pizzulin & M. Cecchetti

San Marino

1

         小さな共同体が国連に加盟                                               

次へ

Boutros Boutros-Ghali

 

 

平成432日、ニューヨークにてサンマリノが国連に全員一致で加盟。サンマリノはとても小さい国であるが、一つの国として認められており、いわゆる「国家の中の国家」である。

 

サンマリノは一つの共和国であり、60名の議員、大議会と総会、任期6ヶ月の2名の大統領、司政長官からなる。

 

イタリア半島のアドリア海の近くにあり、表面積60平方キロメートル、人口30,000名からなる。ティタノ山がその国の大部分を占めている。山頂には古い街と政府官邸を持つ首都、その周りの粘土質の土壌から、かつては貧困の地方だったということが分かる。

 

こんな小さくて貧しい州がどのようにして、国になれたのだろうか?

    

San Marino                                             次へ

2

NEMINI TENERI

3

Beatus Marinus

4

Consules  1243

5

Malatesta Montefeltro Albornoz

6

 Respublica

7

 Della Rovere

8

 Bembo Addison

9

 Napoleone

10

 Napoleone III Garibaldi

11

UN      (ONU)